スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

死にそうな時のチョコレート。

甘栗むいちゃいました、だとね、
表面がぺたぺたしてるからちょっと躊躇しちゃうんだよね。
riderですこんばんは。



通り道の駅売店跡に、
ずっとごめんなさいな貼り紙がしてあって、
ポプラになりますよろしくお願いします貼り紙に変わったなぁと思ったら、
自販機になった。あれ。

そりゃないから不便ってことは勿論ないけれども、
でもあると便利だよなぁ。。。と思って、
そしてその直後に思った、
ちょっと歩けば他のコンビニでも何でも山ほどあるのに不便とか、どんだけ。

いつもの自分のルートにある、っていうの、重要だよね。
これは現代病かな。かね。
別にそこまで切羽詰まった日々を生きている訳じゃないし。
しかもたかがチョコ。

別にかっこつけて行きつけのバーで「いつものお願い」って言いたい訳ではないの、
(行きつけのお店ってまぁちょっと憧れるけれど)
でもいつものって大事だよね、大事っていうか、安心するっていうか、
って思っちゃうことが保守的。
ポン・デ・リングはなんだかんだ言ってプレーンがいちばん美味しいよね、
という保守的はいいけれど、
「いつもやってたから」「普通はこうだから」
みたいなのから、逃れるのが大変なお年頃になってきたのか。
まだ早くないか。





コンビニでは専らガルボ。







12。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

踵にローラーが付いている靴を買い与えるのって何故なんですか?



道に、中古のジーノが12万で置いてあって、
とはいえ流石に思わず買ったりはしないriderですこんばんは。
中古車についての相場とか知識とかゼロなんだけれども、
整備費抜きでも12万って安いような雰囲気がするのは気の所為?
確かに一番かわいいタイプではなかったけれど、
何か超曰く付きとかなんだろうか。
中で人が死んだとか。



そういえば、去年の更新でめでたく(爆爆爆)金保持者になって、
それから1年経ってるから、もう取ってから6年経ったってことか。

。。。ま、必要性の是非は最初から問うてなかったからねっ(乾笑)



車乗れたら楽しいのかなぁ。
命に関わることで楽しめるのって、やっぱり熟練っていうか、
自信とかも、必要だよね?
それとも「まぁ皆好き好んで事故は起こさんだろ」みたいな暗黙の了解?
人って高等だ。

でもやっぱりジーノかわいい。ちょっと乗ってみたい。
と思ったら販売終了してた!え!
後継はミラココア。いかにも女性ターゲット的な。
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_cocoa/
えええええぇぇぇぇぇ?
しかくいかわいくないしかくいかわいくない。
目がまるくてベタな感じのやつは、きょうび流行らないの?
ていうか四角いのが流行りなの?
キューブとか名前的に四角なんだよね?
ラパンとかタントとかも四角よね。ふーん。

とはいえね、実際乗るとなると軽は何となく怖いんだけど。





車ね。
運転できるように、なりたくない訳ではない。







13。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

たこやきたまごせんフランクフルト。

頭の頭痛が痛い。

(再開か。。。)





寝る。







14。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

知らない間にすれ違う。



普通だと思って見ていたことが、実はちょっと違っていたのか、とか。
自分より左にいると思っていたものが、かなり右にいた、とか。
美味しいと思ってわくわくしていたものが、それ以上に美味しかった!とか!

天気がよくて、涼しい秋。
(今日は昼間暑かったけど)
栗とサツマイモでおなかを埋めたい。
(便秘とかでなく、単に食べたいという話)
馬肥ゆるゆる。
秋って短いから、頭から足先まで舐めたい。
…カスタード絞ってからでもいいかな。

そういうのがあるから、
色々とやめられないのです。





(平日の方が長くなるのって、
ほんと性格分かるわ…)







15。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

はな☆きん。



連続日記中には珍しく、
なう的記事をあげちゃうriderですこんばんは。
ここ毎日来たいくらい好き。
けど我慢して月●くらいにしてる。

ラム入りチャイを飲みながら考えるのは、
ドン・キホーテとかの入り口にある防犯ゲート?が、
どうしたら鳴らないようになるのかってこと。
あれ何で鳴るの。
こないだなんか服屋の店員さんに、
「あれ?え?大丈夫ですよね!?」
って言われて返す言葉がなかったわよまったく。

ここスコーンも美味しくてさ…
あぁでも今日はおなかいっぱいなのもう…





やれやれ。







16。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

親近感。

http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/attraction/event/2012/50th_anniversary.html



◎50周年記念式典◎

おかげさまで平成24年11月3日に名古屋市科学館は開館50周年を迎えることとなりました。
これを記念いたしまして、科学館プラネタリウムで50周年記念式典を行います。

日時: 平成24年11月3日(土・祝) 9:00〜9:45
場所: 科学館プラネタリウムドーム Brother Earth (天文館6F)

【主な内容】
・主催者、ご来賓の挨拶と祝辞
・JAXA油井宇宙飛行士からのビデオメッセージ
・映画監督 堤幸彦氏の記念トーク

コース ^貳未諒 記念式典にご招待!

当日は常設展示も観覧できます。*プラネタリウムはのぞく
ペア125組 250名様

コース◆‐赦37年11月3日生まれの方!

式典に参加後、プラネタリウムにご招待(11:10の回)
ペア5組 10名様
当日、生年月日を確認できるものをご持参ください。
*申し込みされる方のどちらかが誕生日に該当すれば可。

コース 平成24年に結婚50年を迎えるご夫婦!

式典に参加後、プラネタリウムにご招待(11:10の回)
ペア5組 10名様
当日、結婚の日付を確認できるもの(日付入写真など)をご持参ください。





何か惜しいような、全然惜しくないような。
該当者ってどれくらいいるんだろうな。。。

ていうか普通に行きたい。

と思ったけれど、こっちめっちゃ近いな。行こ。
http://www.sci-museum.jp/index.html







17。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

か〜み〜さ〜ま〜。








そうだ 釣り、行こう。
テレビでマグロ釣りを見て釣りに行きたくなったriderですこんばんは。



自分がアウトドアなのかインドアなのか分からないけれど、

テレビを見て翌々日くらいに釣りに行ったり、
雑誌に載っている服を見に行ってがっかりしたり、
「きっと好きだと思う」と勧められた(?)歌手にドハマりしたり、
漫画読んでうずうずし過ぎてノーマルな友人を大回りに誘ってしまったり、
「え、南端とか興味ないの?」って言われて東西南北端の駅に行ったり、

やっぱり能動的なのってほとんどないんだよね。
だからうっかりしてるとやっぱり引きこもっちゃうのではないか。





という訳でうっかりしないように釣りをしました。
流石にマグロは釣れないので、
釣り堀で小さなマスを釣りました。
貸し出し竿は、ほんと簡単なつくりのだったし、
太公望何それおいしいの的な容易さではあったのだけれど、
釣竿を水に垂らすのが(多分)初めてだったので、
結構興奮した。

最初「そうだ(略)」って思ったのは、
釣りって、魚が釣れた時にすごい爽快そうで、
(そりゃあマグロは大きいからなんだれど)
た、たのしそう。。。っていうところからだった。
けど、実際釣れてみると、
「ひゃあぁぁぁぁぁわわわわわ」
ってなる(弱)

魚が気持ち悪い、とかじゃない。
ちっちゃい魚だから、怖い、てこともない。
(予想以上にピチピチして逃げられたりもしたけど)
「どどどどどうしよういいいいいきてるー」
そして、何より、
「私はそれを釣ってしまった!(どーん)」



爽快感のレベルに追いついていないのは私の方。
UFOキャッチャーと全然ちがうー。



そして、その場で塩焼きかから揚げにしてくれて、
勿論してもらったんだけれど、
「先刻まで泳いでいた。。。釣りあげられてピチピチしていた。。。
そして今や。。。(から揚げ。。。)」
って、これもう本当、から揚げ凝視して黙祷するしかない心境。
そしてこれがまた美味しくて、骨までやわらかく食べられてっていうのが、
何とも言えない。

だからって「きゃほーい☆生肉!」っていう嗜好をやめたりはしないし、
小食な方ではないので幸いご飯を残すようなことはほとんどしてこなかったからいいけれど、
テレビに唆されたようなぺーぺーに釣られて食われてくれてありがとう(真摯)





生きているオーラに負けそうになるとか、
私だって生きているのに。
まぁ、マスになら負けてもいいけれど。
(でも食べることでなかったことにしている私かっこ悪い)







今度は優しめに、動物園がいいか。







18。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

135度。

 とはいえやはり毎日そんなに長いこと書くのも無理っぽいので、
無理しないようにしますriderですこんばんは。
rider的に今は季節の変わり目だそうです。
要は平均的な感度ということで安心する種にしておきます。



別に道徳的な話ではない。
そしてオチもない。



朝や夜の満員電車の中で、
特に人身事故とかで密度が尋常じゃないようなとき、
駅に着くと「降りまーすすいません降りまーす」ってすごい声はる人いるよね。
批判してません。
あとは「まだ降りる人いるから降ろしてあげてー」
って助け舟を出すおじさん(が多いような気がするのは気のせいか)。

そうやって人助け自己満しないでくれる?なんて思わないし、
そもそも降りるのは申し訳ないことじゃないのでいいんだけど、
「は?てか降りるんですけど私」
「は?てか降りたくて困ってる人がいるのに何で気に掛けないの」
みたいな声色で言われると無駄に消耗する、のです、個人的に。。。
その状況下で他人に分かるほど気に掛けることができる人あんまりいない。
それって甘えですか。



で、この間。



そこまで人身事故でもなかった、台風かな、
忘れたけれどとにかくまぁ混んでいて、
駅にとまって人が結構降り終わって、
ホームにたくさん待っている人たちが5、6人乗り始めた時突如、
「降りまーす」
って私の後ろで聞こえたのね。

え、今か。今からか。

勿論、このタイミングはそんなに少ないことじゃなくて、
「ごめんまだ降りる子いるから降ろしてあげてー」
って聞こえて、乗りかけてきた人が押し戻されて、発車が数十秒遅れて、
とかよくある。
(何でこういうとき遅れるのは若めの女性で、助けるのは若めのリーマンなんだろう)

今回の降りますerも勿論若めの細身の女性です。





「もうあかんわ」

ってね!
渋い声の50代男性が言うの、しかもイライラしてとかでなくものすごくいい感じに!

別に50代男性>細身女性なんていう車内ヒエラルキーは全くないので、
まぁ人としてとかは別として、女性は「ちっ(怒)」ってなってもいい訳で、
でもそう言われちゃったから、周りは助けようにも助けらんないし、
女性は女性でうんともすんとも言えないし、
身体の前に50台男性、後ろに細身女性を密着させていた私としましては、
妙な「しーん」とした感じの中で、
「何かちょっと違うけど男性かっこいい」
と思いながら男性を見ていました、
自分が次で降りるまで。





その時は咄嗟にその人が格好良かった気がしちゃったけれど、
実のところどうだったんだろう。
私は助けないパターンを見たのが初めてだったから、
必要以上に感銘を受けただけだろうか。

でも女性の初動流石に遅かったもんなぁ。

とはいえ公衆の面前であれは悪意ない吊るしあげで怖いなぁ。

あ、猫。

「お年寄りには席をゆずりましょう」的授業の意味のなさが、
よく分かる。
いや、意味がないってことはないんですけれど、も、
当時から嫌いっていうか、興味の範疇外だったような。
(意味が!不明!)
と思っていた気がする。
助けあい支えあいが正義?
空気を読むのが正義?
そんな黒白無理だって?

とかいちいち考えてたら生きるの辛くなるね。

お年寄りは結構自力で席を強奪します。(他意はない)

毎度おなじみ日記読み返し中に、
「社会の一部になりたい」みたいな発言があって卒倒しましたけれど、
(自己能力を把握しなさすぎているのか過信し過ぎているのか)

家着いた。







あるいは、これって周波数の違いですか?







19。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(0) * trackbacks(0)

夢想無想無双。

最近めっきりバッテリーが、と思ったらもう1年前、
とすこし前にクマホにした時にmixiプレミアムを退会して、
mixiも最早、な昨今、
さほど不便も感じていなかったけれど、
やはりこの時ばかりは面倒くさいいいいい。
きいいいいい。
と口で言いながら目を細めているriderですこんばんは。

2006年から、と考えると7年目、
後から読み返すのが楽しくて身の毛がよだつ、
(え、この使用感ハマりすぎて困る)
義務も義理もへったくれもないけれど、何となくやめられないとまらない、か。
決まって読み返して決まって泣く記事とかあるからね。
(勿論それを書いている時点でも号泣しています悪しからず)
ていうかそんなんしかないからね。

赤毛のアンだったかなんだったか、
そんな(=アンみたいな)大げさな言葉ばっかり使っていたら罰が当たるだか飽きてしまうだか、
(もう色々あいまい、どうせマリラでしょ)
みたいな台詞があったような気がするのだけれど、
そんなことばかり言っていても全然飽きはしない。
まだ思っていることの少しも言えていない、みたいなもやもやが全然消えない。

いや、いいんだけれど、言わなくていいんだけれど。



という訳で6年分の10/15の日記を見て思ったことは、

別に今、大人になったとかではなく(大人がきいて呆れる)、
別に今、老けたとかではなく(断じて!そうではなく!!!)、



その時、何をそんなに、



ということでした。
勿論今は今で今のことは全然把握できていないので、
ここ数年お気に入りの、タイミング云々の効率的な活かし方を会得したとか、
そんな夢のようなことは全くないのだけれど、

それもこれもどれもちゃんと私なので、それを分かった上で、
何を、そんなに、(にやにや)、



ていう、この幸せ。





やだやだやだ書くことない、
でもいざ書こうとするととりとめなくつらつら書いてしまうに決まっているから、
140字。。。は短い(爆)から、

とか考えていたはずなのに、
結局、こんなに、(にやにや)、



ていう、この幸せ。







ながめせしまに?
ながめ上等、







20。
rider * 秋。 * 00:00 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ